読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解散報道1ヶ月経って、決心したこと。

SMAP解散報道が出てから1ヶ月。

頭の中は相変わらずSMAP50%、仕事40%、その他生命維持とか将来とか10%程度だけれど

2週間を過ぎたころから、意識的に「SMAP外」の生活やニュースに関心を向けるようにしてきた。

SMAPについても、できるだけ楽しいことやプラス思考なことだけアウトプットするようにしてきた。

 

そうやって一ヶ月過ごしてきて、私はSMAPのファンとして、一つ決めたことがある。

 

 

これから先は、次期社長となるジュリー氏のこと、応援したいと思います。

 

 

この一言を書くために何度も息吸った。

手も震えた。

何が真実か分からない中で誰が悪いなんて分からないし言いたかないし

むしろ1年、いえもっと前から続く全ての状況含めてこのやろうと思っているけれど。

 

だけどこの先の10年、20年、ジャニ―さんという審美眼と絶対的な想像力を失った時

この人が、「ジャニーズ事務所」が倒れたら

SMAPが決めたことが全部台無しになるから、私はそうする。

これが「愛するやり方」だと信じて。

 

 

というのも、彼女に本格的に代がわりするころ、というか今現在も言われているけれど

ジャニーズ事務所」が築き上げてきたビジネスモデル自体の危うさが逼迫していくに違いないからなのです。

必ず何か大きな変化をしなければならないし、経営者として、プロデューサーとして、彼女が舵取りを少しでも間違えたら、「ジャニーズのアイドルのエンターテイメント」は芸能界で瞬時に沈没することだって、ありえる。

 

ジャニーズが主戦場にしてきた音楽番組は、SMAPデビューからの25年、一時期盛り返していたものの2016年現在また少なくなった。

デビュー後1位獲得を信条としてきたオリコンCDチャートは、特典争いになり「ヒットソング」の指標かどうかが怪しくなっている。

こちらも主戦場の雑誌媒体は業界の縮小傾向と共に休刊が相次いでいる(紙信者としてこれを言うのもひどく辛い)。

そして、今やドラマやバラエティだけでなく、情報番組やニュースと、ジャニーズが進出していないジャンルはほとんどなくなったけど、録画率が反映されない視聴率(そして録画禁止がささやかれている)とか、収益形態の変化が招いたコンテンツの低下とか、そもそもテレビの世界が根本から考え直される時が来ている。

 

一方、女子アイドル戦国時代を生んだネット空間には、自社ページ以外でほとんどタレントを存在させない。

 

私は他のジャニタレステージは見たことがないけど、やっぱりライブというあのショー空間は圧倒的だと思っています。

でもそこへ人を呼び込むための媒体戦略は、このままではいられない。

 

話はSMAPだけのことじゃない。

全てのジャニタレの、今後のビジネスの話。

 

社会まで目を広げたらもっとシビアで、広告主はどうやら「ジャニーズ」を厳しい目で見ている。

 

とにもかくにも、カリスマ・ジャニ―喜多川と、剛腕・メリーの1900年代から作り上げた遺産だけでは、とてもSMAPデビュー50周年♡(←)を迎えるまで乗り切れない。

ジュリー氏はジュリー氏で、正負あわせてとんでもない遺産をこれから背負わなくてはいけないし、

究極その遺産をまるごと切り捨てる選択だって、どこかでしなくてはならない可能性もある。

次期社長に指名されるって、そういうことだ。

 

 

頭で考えたら、私はこれが正解だと思ってこの答えを出しました。

いっぱい言いたいことも出てくることでしょう。

一つ一つの新しいできごとが、良いことなのか悪いことなのか分からない、ニュースにされるたびに小腸が裏返って出てきそうになる(←グロ失礼)この感情の起伏が収められるほど私だって強いファンじゃない。

怖いしバックアップを信じきれないからお財布の許す範囲でCD買ってるし一本満足バーおやつにしてるし、お手紙も出すし番組にメッセージも送ってる。

だから、みんなー、こう考えようよー!、前向きにね☆ なんて口が裂けても言えない。

 

でもSMAPが何も話せないなら、せめてSMAPに関わる全てを肯定したい、

そんなおおきな、とても大きな意味での愛で「君に幸あれ」なんて言っちゃえる人間目指して踏ん張ろうと思ったのです。

そして、後輩さんグループに何かあった時、きっと大丈夫だから安心しな!って背中を見せられるファンになりたい。

今日みたいにね。

 

 

どう締めていいかわかんなくなってきちゃったけど、

つまり具体的にははこれからの全てをニッコリ笑って両手を広げて受け止めて、

前みたいにつよぽんかわいい♡かっこいい♡って言って

前よりもはっきり、ただただKeep my Loveって言おうと思うのです。

 

 

明日からもずっと。

一般人にファンがSMAP騒動を説明するための覚書

騒動前後、一般の友達や知り合いから状況解説を頼まれることが多く、

また、今後も報道の矛盾点も事あるごとに違うと伝えていきたいと思いますので、基礎資料として個人的な覚書です。

ファンの言葉なので感情が入りがちですが、冷静に、事実を具体性を持って知らせたいと思うので、資料が増えるふえる。

だって事実を伝えれば分かる話ばかりだもの。


※友人への解説に使ったツイートを掲載させていただいています。

スマヲタツイートは社会経験を生かした論理的かつ愛あるツイートばかりでもう大好きです。


◆まず当日の朝の状況

 論より証拠、新聞より中居。


◆静観できた主な根拠(動画)

・2012年の5人旅での中居の言葉

 「俺100人襲ってきてもSMAP守れるよ」


・プロフェッショナル仕事の流儀 SMAP特別編

   まず不仲とか決裂とかそういうのの地盤にある「いつも仲良し」グループではない傍証

CDTVで不意に歌った「STAY」、2TOPハイタッチ入りのダンス


(諸々考慮して、動画リンクは貼りません、ご了承ください)


◆ただし思い当たる節はあり何かあったことは理解

・冬のFNS歌謡祭での異常なSMAP外し

・さんスマでSMAPがあまり映らない

CDTVのセトリが全国ネットにしてはおかしい(特にSTAY、意図があるとしか思えない)

・年末年始のサムガで中居の不審な行動

 ・「来年もいろんなことあるんだろうな。いろいろ言われるんだろうな。知らないふりして、乗り越えていくんだろうな」

 ・ジャニーズ後輩曲をかけて呼びかける

 「嵐、ずいぶん会ってないけど元気ですか。僕は元気です」

・SMAPSHOPに中居木村が二人で来店

 

⇒購買運動へ

 

◆生放送前の本人メッセージ

・木村「いつか自分の言葉で話せるようになったらラジオで話すから、信じてついてきてください」

・中居「今年は、ふんばる」


 

◆生放送を見たファンの見解

 

 

◆生放送後の本人メッセージ

・ラジオ

 

中居木村のラジオの選曲が作為的。

和訳:「購買運動、知ってるよ」

   「仲たがいしてないよ(夜空は木村が一番好きな曲)」

   「僕らずっと共に歩こう」

 

・テレビ(スマスマ)

・ファン大好物の2TOP絡みが多い⇒覚悟のうえの伏線か

1/18:「中居の交際報告の相手が木村」

1/25:「黒猫(中居)にエサをやる木村シェフ」

 

◆まとめ

・もともと事務所内のSMAP外しは起きていたため、油断できる状況ではない。

・購買運動その他が続いているのはその応援と、SMAP本人への応援。

   ある意味、安心して今まで手を抜いていたからね、、、


◆でも、楽しいことだけ覚えておいて

★木村タイムリープ

★中居もタイムリープ

★草彅アンドロイド説



以上、こんな感じで解説。

あくまで私個人の見解が入っているので、細かい点や違う点はそれぞれの正解を伝えればいいかなって思います。


何しろ、まだ本人たちから何も言われていないから。


草の根活動、がんばる!


SMAPへの決意表明をしたらとっても重たいファンレターになった件。

SMAPのみんなへ。


今回私たちファンは、年末年始の歌は「解散したくない」のメッセージだと信じて行動を起こしました。

 

ですがもしかして、私が望んだことはあなたたちにとって、とても辛く苦しい選択でしたか?
余計なことしないで、もう解放してくれと思っていましたか?
だとしたら、本当にごめんなさい。

 

何があったのか、私にはわかりません。今は、無理に聞こうとも思いません。

ただあなたたちは、全て飲み込んで願いを叶えてくれた。
まだSMAPでいると覚悟してくれた。言えない言葉を歌に乗せて届けてくれた。
それならば、こちらも責任は負います。

 

あなたたちが今抱える哀しさも、悔しさも、息苦しさも、一緒に背負ってこれからファンをやっていきます。
私たちだって、あなたたちと一緒に大人になってきたのだから、それくらいどうってことないんですよ。
ほら、今回だって笑って耐えてみせたでしょう?

思っていたよりしたたかで、頼りがいがありそうでしょう?

 

だってあなたたちが教えてくれたのではありませんか。
うまく行かないと思ったらなりふり構わず走ればいいのだと、
たとえ遠く離れても、仲間はずっと繋がっているのだと、
間違ってもやり直せばいいのだと、
人生のどん底を味わったら、あとは生まれ変わればいいのだと、

 

カナシミは全て街の中から消してしまえるのだと。

 


今までだって色んなことがあったのでしょう?
でも私たちの能天気な笑顔を守るために、踏ん張っていてくれたのでしょう?
心配かけてごめんなんて言わないでください。
私は、SMAPじゃなくて、SMAPの人生を転がるように生きてゆくあなたたちが好きなんです。


あなたたちも信じてください。
私たちは決して手を離したりしません。

 

鼓動止むその時まで。

 

--------------------------------

 

中居正広に嫌われてもいい、伝えるって決めたんだ!!笑

ただ前を向いた先に未来があるなら

悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい悔しい。

頭の中をその言葉だけが駆け巡って、なかなか眠れなかった。

 

ファンとは何なのか、この騒動が起きてから考えていた。

SMAPが好きで、嬉しいことがあったらSMAPの歌で盛り上がりたくなって

困ったこと、悲しいこと、どうしようもなくなった時にSMAPのバラエティで笑って元気になって

頑張りたいときにSMAPのこれまでと、今に負けていられない、胸を張って「ファンです」といつでも言えるように、という思いがどこかで原動力になっていた。

 

アイドルは企業の商品だ(自分でも不快に思う単語だけれどご容赦下さい)。

商品マーケティングの現場でも「顧客のファン化」という言葉がよく使われる。

企業のブランドや商品に、その「モノ」以上の価値を見て、1度ならず何度も購入しリピーターになる人のこと。ファン化すると商品への愛情を周囲にも口コミマーケティングをしてくれるので、結果的に企業の宣伝投資が低く抑えられるというもの。

アイドルに対する疑似恋愛的な感情と、アイドルを肯定し応援し、ファンがまたファンを連れてくる。この定義と一つも変わらない。

 

ならば今回SMAPファンはビジネスにおける「ファン」のセオリー通りのことをしたはずだ。SMAPではない人が得をするだけだ、そんな批判を耳にしながらも、企業と商品と顧客、3者が最も幸せな方法で商品を肯定した。

 

SMAP5人の後ろにいた誰かは、そのファンの想いを人質としてメンバーに刃を向けた。

私にとって、それが昨日の生放送の全てだった。

 

SMAPは、私にとって人生の先輩として目標になる人で、尊敬する人。

その人を助けたくて葉書を出し、CDショップへ行ったことは正しかったと思っている。「消費者」として、忌み嫌う前に愛するやり方ができたと今でも言える。

 

本当は何があったのかなんて知らないけれど、消費者が示した善意を使って商品を貶めるなんて、普通の経営ではまず考えられない。

あの黒いカーテンの向こう側に、隠れているものは何なんだ。

 

「解散しない」という言葉はなかったけれど、報道が出てからも、根拠なく確信していることがいくつかある。

どんな方法を取っても5人でいることを、SMAPは止めないだろうということ。

中居正広木村拓哉が決別なんてしないということ。

 

一方で、どんな気持ちで「愛が止まるまでは」を12月25日のミュージックステーションで歌っていたんだろうということ。

www.amazon.co.jp

 

he-bononago.hatenablog.jp

 

 

「ただ前だけを向いて進んでいきます」

この一言で連想したのは、「Gift of SMAP」の最後に収録されていた「前へ!」だった。

www.amazon.co.jp

 

開けた大地に大きな羽根を広げて飛び出していく姿が、自由で強い推進力を持つSMAPにぴったりの曲。

私は、そのSMAPに会いたい。彼らがなりたいSMAPにならせてあげたい。

 

だから、いろんなしがらみをはねのけてきたきたSMAPが、今一番大きな枷を外そうともがいているための解散騒動であり、中継だったなら、どんなに悔しくても受け入れたい。

SMAPとファンの悔しさをチャンスに変えよう。

 

 

どん底のメンバーの顔が、笑顔に変わらなかったことなんて今まで一度もなかったんだから。

22時までどうしていいかわからないので、SMAP解散報道前後の確かな動きだけをまとめてみた

ついにやってきた。SMAP5人の口から何かを知らされる時が。

 

事態が好転したとの報道もあるけれど、「5人の言うことしか信じない」と決めた乗組員としてはただただ期待と恐怖が錯綜し、少しは落ち着いて仕事に向かったファンは今日もまた仕事にならなかったことでしょう。私も。

 

ということで22:15までをやり過ごすためにも、この数日間を記録する意味も込めて「様子がおかしかった」というさんタク収録以降の、SMAPの動きだけをまとめてみた。

「この放送、収録の時、彼らはどんな状況で私たちの前に立っていたのか」を自分の中で整理したいと思い作りはじめたので、分かる範囲の収録時期や生放送時期が中心になっている。

今ざっと調べられる範囲であること、3日目くらいからあまりの内容にスポーツ新聞の内容に耳を塞いでいたので、取りこぼしはご容赦下さい&ご存じのことがあれば教えて下さい。

また報道面では、ワイドショーやニュースはあげているときりがないので、主に新聞報道のみに絞り、ネット上の動きも大きく話題になったものに絞っている。

というか、あの2誌の存在、絶対忘れないからな…という気持ちと、感謝を届けたいものに絞っている。

 

f:id:he-bononago:20160118184834j:plain

 

これだけで分かることは少ない。昨年11月~12月が改めてきな臭いなと憶測するしかできない。

しかし上記以外にも、一番いろんなことがあったっぽい年末に、騒動前までの収録が詰まっていたはずだ。その中で、CDTVだけでなくデート企画のわちゃわちゃやMステスーパーライブのパフォーマンスを魅せてくれていたのかと思うと胸が詰まるし、社会人としてプロフェッショナルぶりに頭が下がる。ここまで「先輩」として尊敬できるアイドルなんて他にない。

 

もし、望む結末を迎えることができたなら。

ファンが聞きたいのは、報道されているような謝罪の言葉じゃない。

毎回ライブのラストに歌ってくれる「ありがとう」、

そしていつもこんな時に歌ってきた「BEST FRIEND」を私は聞かせてほしい。

僕はSMAPの人生において起こってほしいことを

今こそ書かなくては。

そう思いながら、今日までつぶやく以上のことができなかった。

 

2016年1月13日の朝、友人からのメールで起きた。

慌ててWebニュース見、情報番組をつけ、

決定ではなく危機、中居くんのコメントもないと知って落ち着いたけれど

しばらくは手が震えていて、わりとどんな記事も受け流してきた自分が

やっぱり動揺していることにもびっくりした。

 

SMAPのファンは正直なところ、2015年は

「独立」「退社」の不安とずっと戦っていたのではないだろうか。

特に夏以降、月を追うごとにSMAPが出演時間が減っていき(なんとなくの前年比)

ファンの鬱憤は溜まっていたと思う。

それでも限られた時間の中で、SMAPは圧倒的なパフォーマンスを見せて

ファンの欲求を満たしてくれていた。

 

そこへきてのこの騒動。

干され気味になったり、もしかして独立しても、5人がバラバラになることだけは

想像していなかった。

もう、ほんとにいつも予想のOthersideに行ってくれるんだから困る(←愛情表現)

 

ただ、SMAPは騒動の前に、置き土産を残していた。

ファンの間では人気で有名な、アルバム曲。

1月1日、カウコン放送終了直後にCDTVで歌われたこの曲を、多くの人に知ってほしい。

「STAY」

 

(木村)この先どうしようもなく 擦れ違ったり

言い争いがあったりもしても

どうか道の途中で手を放そうとしないでよ

ちゃんと繋いでてよ

(中居)Let you know 大事なのは続けること

楽しいだけでいれない時も

(5人)I'll be...Won't you stay?

Will be 罪を捨て 僕らずっと共に歩こう

永遠なんて言わないからさ 5、60年それだけでいい

 

(わたしこれ、いつか自分の結婚式で流す妄想してたんだけど…!

もっと大切な曲になってしまった!!)

 

何はともあれ、私たちにとっては木村さんがラジオで話すまで

この歌だけが真実だった。

だから「まだ覆せる」と信じて手紙を書き、各局にリクエストを送り、署名*1が始まり

世界に一つだけの花購買運動」*2を起こした。

さらに長期化を予想し、定期的に「#We_Love_SMAP_Forever 」ツイートを繰り返す運動も始まった。

 

「5人が望んで分裂なんてするはずがない。SMAPをなくすなんてするはずがない」

そう言い切れる強さを、これまでの25年間で私たちにくれている。

 

そこへ、キャプテンは「信じろ」と言うし、リーダーは「踏ん張る」と言う。

ならばファンがすることなんて、ついてって堅固な足場を作ることに決まったじゃないか。

 

 

間違いなく言えるのは、全ての決着がついた時、これはSMAPの伝説になる。

しかも今回は、メンバーと一緒にファン、日本中の人が作れる伝説だ。

それならこんな逆境だって楽しんでしまいたい。

 

僕はSMAPの人生において起こってほしいことを

全て起こさせてみせるのさ

Fine,Peace 自分の力で

SAMPLE Bang!「Fine,Peace」より改変)

 

 

勝ち逃げするまで、がんばりましょう!

*1:署名はこちらから⇒

www.change.org

*2:「華麗なる逆襲」やミリオンを目指す「SHAKE」など、他のCD、DVDも購買対象。

SMAP愛をより昂ぶらせた2015年の振り返り

2015年もあと数十分で終わり。

年末にも中居木村のツーショット披露という大事件をぶっこんでくれたSMAP
今年は自分の中でSMAPの熱が今までの中で最高レベルな一年でしたので

記録と共に振り返っておこうと思います。

 

1月
CDTV出演
 Mr.Sとつよぽん深夜のバク転パフォーマンスが消せなくて、
 5時間分まだHDDを圧迫してる。

・連続ドラマ「銭の戦争」スタート
 初めてつよぽんが、自分から「やりたい」と申し出た作品らしいですね。
 韓国ドラマのリメイクって、どんなだろう…と思ってましたが
 もーぅ、ハマった。好きだ。
 そしてあの終わり方は映画化あると信じてる。

週刊文春のあの記事大事件

 さて、浮かれ気分の私たちを直撃したのがこの衝撃ニュース。
 スマファンの2015年はこの衝撃と戦いながら、愛を確かめる一年だったと思う。
 かく言う私も、この報道で火が布教活動←に火が付いた

 

2月

・「華麗なる逆襲/ユーモアしちゃうよ」発売
SMAPのこれからについてモヤモヤザワザワしていファンを一撃で救ってくれたのは
やっぱりSMAPさん。

瞬時に立ったこのまとめがお気に入りです。

matome.naver.jp



もう華麗なる逆襲については一行ずつ語りたい。
パート割り、その人が歌う意味、歌詞の意味について逐一。
年末にもう局が完成していたのなら、メリーさんの記事は宣伝の一環か!
さすがジャニーズ事務所!と本気で思いましたとも。
本当に林檎様万歳。紅白も正座して拝みながら見ます。

ユーモアについてはMステですね!
木村くんが本気の激突し、つよぽんと中居君が爆笑してしまった神回。
剛担としては、ダンスのさいごのごあいさつをひとりだけ間違えてわたわたしてるつよぽんがイチオシですね!

 

・4月~6月 しんつよ「Burst!」

Burst!のチケット、当日もかけ続けましたが取れませんでした。
朝一の新幹線でパルコ劇場まで行き、パルコ前で電話したんですが
効果なかったー!
千秋楽近かったからなぁ…
1時間に400回電話って掛けれるんだと知りました。

もちろんパンフレットだけは買いに行きましたよ。
あの扉の向こうに…と想いを馳せつつ…

 

6月

・わちゃスマでファンを悶絶させた音楽の日


7月
つよぽん捻挫(さんまでっか?!TVにて)

・「中居正広という生き方」発売
 これ面白かった。
 結局「中居正広とは何か」の実態はつかみきれないままだったんですけど
 「中居正広にはこれだけの多面性があって、そのどれもが真実の姿だから掴めない」
 と頭の中を整理してもらった一冊。

 

8月
・27時間TV
・「中居正広 しゃべり屋の本懐」発売

 何でしょう、この中居フィーバー。
 だからか、「SMAPリーダー・中居正広」を考えることが多い一年でした。
 「俺SMAP守れるよ」、あのシャイなリーダーが
 自分の番組でメンバーだけは褒めまくりSMAP愛を爆発させる。
 やることなすこと「SMAPのため」であることが明確になってきて、
 この人を信じている限りSMAPは大丈夫だと思えます。
 ついていくよリーダー。

 あ、しゃべり屋の本懐の方は、発売メディアの分析が中心なので
 私にとっては「別のファンの視点を見た」印象。

 

9月
・9日 デビュー25周年&「Otherside/愛が止まるまでは」発売

 エイターの友人の家で強制的にMVを見せ、まんまと音源入れさせ
 「ちょっと!!めっちゃかっこいいんだけど!めちゃ聞いてる!」
 と言わせたOtherside。
 一般男性に「初めて聞いたけどDLしようかと思うほどいい曲」
 と言わせた愛が止まるまでは。

 SMAPと分け合う夢、引き上げます!まだまだついていきます!!


スマシプ 全然ゆるくないバスツアー

 もう慎吾くんの横で安心して暴走してるつよぽんが可愛いし
 そんなつよぽんを放置しつつフォローする慎吾くん大好きだし
 そんなしんつよに目を細める中居兄さんに胸が熱くなるし
 東京行ったらテレ朝拝みに行きたい。


11月

・森くんinstagram開設

・(個人)Twitter活動活発化、カルチャーショックを受ける
 Twitterアカウントを作ってはや3年以上。
 実はずっと休眠状態だたのを、Burst!チケ探しあたりから少しづつ使いはじめ
 スマヲタさんと繋がりはじめたのがこのあたり。

 みなさん、出演情報とか目撃情報どこから仕入れてるのかな…と思っていたんですが
 Twitter上の情報の回りの速さにショックを受けました。。。
 そら一人でマイペースにファンしてたら追いつけんわ!

 いろいろな人の見方やSMAPつよぽんへの愛情が見れたり
 別のグループ担当の方の感じも覗けて、本当に面白いツール
 マイペースは崩さず、ネット廃人にならないよう来年も接していきたいと思います。


12月

・FNS歌謡祭ラスボス事件

 この雪の降る街とOterside、スマホに入れて何回聴いただろうか

スペシャリスト4

さんま&SMAP しんつよフォーエバー事件

 この日鼻血を吹いて貧血になったしんつよファンは何人いますか?
 香取慎吾の憧れる人につよぽんが出てきたとき、変な声出た人は何人いますか?
 
 今年は舞台に始まり、しんつよファンの息の根を止めるターンでしたかジャニーズ事務所!!!

 

・中居さん聖夜のデレスタフィーバー事件
 最近SMAPで踊っていても下を向いていたりと
 アイドル感をテレビで出さなくなっていた中居さんが!!アイドルしてる!!
 真面目に分析された学者先生方も困惑されたことでしょう。
 中居フィーバーの見事な収束(爆発?)でした。

ミュージックステーションスーパーライブ
 なんだかんだ言って、のほほんと幸せそうな顔して
 ぴょんぴょこしてるつよぽんが一番すき、と再確認したとき。
 あの洗濯したてみたいなほわほわ笑顔は何事でしょうか。

 

SMAPに大型台風の暴風域が直撃したみたいな1年にも関わらず
振り返れば、のんびりしたファンにもこれだけの活躍を届けてくれたSMAP
今となっては、一般の人が「いろいろ言われてるけどやっぱスゲー」
と思ってくれるきっかけになったなと、私はメリーさんに感謝すらしています。

さらに「まだまだ私が応援しなくちゃダメだ」という
日本のアイドルに不可欠なファン心理を煽ってくれました。
ありがとう。
また、SMAPがまた開き直ってブレイクスルーするきっかけにもなりました。
ありがとう。
27時間テレビ、ノンストップライブ直後でSMAPファンが増えたこの時期に
ちょうどインタビューに応じてくれてありがとう。


来年は、いろんな場所で紅白みたいに後輩にかまいまくる
SMAP兄さん」が見たいと思いますので、ぜひぜひよろしくお願いします!!


そしてSMAP、ジャニヲタの皆さま、今年一年お疲れさまでした。
来年もあらゆる手で自担に念を送り貢ぎ、笑顔と力をもらいましょう。

皆さま、良いお年を。