読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY BIRTHDAY SMAP!!!

中居くん、木村くん、吾郎さん、剛くん、慎吾くん。

SMAPのみなさま。

 

25回目のデビュー記念日、SMAP25才おめでとう!

 

私が童謡の次に覚えた歌は、青いイナズマでした。
初めて買ったCDはセロリ。

 

何がきっかけでどんなタイミングでファンになったかなんて覚えてないけれど
初めて好きになった芸能人はつよぽんで、SMAPでした。
それから20年、一度も私の「好きな芸能人ランキング」のトップを譲っていません。

 

それでは少し、SMAPと歩んだ20年をプレイバックしてみましょう。
個人的な振り返りですが、お読みいただいている方はどうかお付き合いください。

 


初めて失恋した日、テレビから偶然流れてきた「世界に一つだけの花
「もともと特別なオンリーワン」って聞こえた瞬間、初めてちゃんと泣けました。

 

就職活動でいっぱいいっぱいだったときは、「だいじょうぶ」の
「なぜ精いっぱいやった自分を責めるんですか」、
仕事をはじめて、早く一人前にならなくちゃって焦っていた時は

「はじまりのうた」の
「もうちょっと、もうちょっと、ペース落として」
「君は一人ぼっちじゃないから」
一気に肩の力が抜けました。

 

大きなプレゼンの前には「Dear Woman」を聞くと、
SMAPの5人がバックについてくれている気がして強くなれる気がしました。

 

仕事と夢の間で悩んだ時は、
「夢に目を凝らす人ほど涙はこぼれる」
「夢は遠くても道は細くても何かが消えていくわけじゃない」
さかさまの空」を聞きながら、空を見上げて歩きました。

 

転職する時に聞いていたのは「この瞬間、きっと夢じゃない」。
「何度も諦めようとした
それでも歩いてきたこの道はたった一つの僕の夢さ」。
「歩き出した僕らの未来なら これから先僕らで変えるから
どんなときも諦めずただ進むよ」

あ、あれも嬉しかったな。
「君は君だよ だから自分がやりたいことまっすぐ見つめてなよ」

 


ある時期、ちょっとだけ心が折れてしまった時は、
何を見るのも聞くのも話すのもつらかったけど
スマスマとSMAP5人が出演する歌番組やバラエティを見ている間だけは
安心している自分がいました。
どうしてなのか、今でもわかりません。
でも5人にはそんなパワーが、本当にあったんです。

 


ムカつくことがあっても「腐ってたらもうそこで終わり」と言い聞かせて
「オリジナルスマイル」で街に出ました。

「どうにかなるさ人生は♪」と思ったら、人生もっとJoyできるようになりました。

 


迷いに迷ったけど本気で夢を叶えようと決めたのも
「僕は僕の人生において起こってほしいことを
全て起こさせてみせるのさ Fine,peace 自分の力で」
後から聞いたけど、周りは相当びっくりしてたみたいでした。
私にも突如シリーズが多いようです。

 


そして、「CRAZY FIVE」
「FAR AWAY!5つの星屑
くじけそうでも拳を挙げろ 皆が迷わぬように」
SMAPが、あのSMAPが自分の前を歩いてくれている。
灯台みたいに立ってくれている。
しかも全然止まってくれない、追いつけない。
だから私も、行かなくちゃって。

これがどれほどの勇気になっていたか、
それだけは私に分かって5人にはわからないことです。

 


あまり気にしていなかったけど、本当にSMAPには
背中を押してもらったり、引っ張ってもらってばかりだなぁ。
25年間、本当にありがとう。

 


ずっと不思議だったことがあります。
私は仕事にするくらい言葉が好きで、
音楽のことはよくわからないけれど好きになる理由はいつも歌詞。
だけど、歌詞だけ見てもその良さはよくわからないことが多かった。
でもSMAPが歌うと、言葉以上の意味やバックグラウンドが
目の前に広がって、黒い文字列が一気に色づく経験を何度もした。

ライブに行くと、その傾向はもっと強かった。

 


やっぱり、失くしたくないなぁ。
まだまだ傍にいてほしいなぁ。

 


私はこれからきっと平凡な人生を歩んでいくと思うけど
いつかあるだろう結婚式はもちろん全曲SMAPを流す予定だし
胎教にもSMAP使う予定だし
子育てってとんでもなく大変って聞くから、
一緒にがんばってほしい。助けてほしい。
もちろん一緒にコンサートに連れていくつもりだし
まだまだSMAPと過ごしたい人生のイベントは終わってないんです。

 

その間に、どんなふうに5人で50歳を超えていくのかなとか
還暦はどんなふうに騒ぐのかな
そのうちライブで椅子から立ち上がらなくなるのかなって
今からすっごく楽しみなんです。

 

 

まだ、無駄なことを一緒にしようよ。


25年目の9月9日、おめでとう。
プレゼントに、SMAPが解散しない未来を何とかして渡したいです。